FC2ブログ

エッセー NHK講座「漢詩をよむ」

エッセー NHK講座「漢詩をよむ」 200630(火)雨

 天気予報では東海地方は豪雨に警戒するよう呼び掛けている。
 土砂降りの雨が降ったりやんだりの中、歯医者に向かった。、車窓を締め切ってクーラーを掛け、ハイスピードでワイパーを回しながら甲斐バンドの「アンナ」を鳴らす。爆音は豪雨のかき消された。
 「アンナ」は初めて聞いた時にはすっかり「あのなぁ」という風に聞こえた。「あのなぁ」は伊勢弁であるし、四日市弁でもある。今まで普通に話していて気付かなかったが、どうも四日市弁というのはあるらしい。その話を聞いたのは、今年から名古屋の大学に通っている姪からである。なんでも学園でまだ親しくない学友と会話しているいる時、そういう節回しの会話を察知して、「あんた高校どこ?」と聞かれ、「南高」と言ったら、「ええやん」と言ったとか。それで四日市弁と分かったらしい。語尾に「ニ」とか「ヤンナ」がよく付く。名古屋弁とは少し異なる。川村市長の名古屋弁は堂々として聞こえる。
 そういえば生粋の上方の友人に、三重弁は大阪弁とも違うとよく言われた。伊勢弁となると更に方言色が強くなる。同じ三重でも「アンナ」は、伊勢弁になると、「あんなぁ」と柔らかい。とても悠長に聴こえる。伊勢は伊勢湾の暖流の影響があるのか、温暖で雪が少ない。伊勢はその昔、一生に一度は伊勢神宮のお参りする悲願の場所だったと聞いている。当時伊勢参りに行くとなると地元住民から餞別は貰えるし、食に瀕するときは杓子を持って歩くと御接待が貰えるらしい。この風習は四国のお遍路にも似通っている。憧れの場所と、この気楽さと温暖な気候が重なり、ゆっくりとした方言になったのではないだろうか。伊勢人の早口でない会話は、気持ちまでがゆったりとしてくる。ちょうど気取った京都弁に近くなるのである。横道にそれるが、それで思い出したことがある。たしかNHKのドキュメッタリーの報道だったと思うが、京都先斗町のおかみさんが賄さんに、それは急(せ)いて言わはった会話。
「あんたさん、ハヨシーャ」
それを聞いた時はとても驚愕したものだ。普段はしんなりとした話方を聞くことが多いからだ。方言は気を許した時に普段使いの言葉が出るのではないだろうか。姪は「エエヤン」で四日市弁と確信したのだと思う。
「つづく」

 本題に戻る。甲斐バンドの「アンナ」は「杏奈」という元カノを思い出した歌だった。爆音で聞くその歌のどこがいいのだろう? その歌詞を聞いているとぼんやりと振付が浮かんでくる。具体的な形にはならないが、イメージとして丁度フォーチュンクッキーのような振りである。もしかしたら何か他の歌詞にも合うのではないだろうか。
 途中豪雨が止み、車は繁華街の通りに入った。車が一挙に増える。手前の信号を右に曲がり裏通りに入る。前方に歯医者が見てきた。その佇まいは昔とほとんど変わらない。やや狭い駐車場に注意深く車を入れた。雨が降り続いている。玄関が目前にある。不安定な天気は傘を忘れやすい。何も持たず小雨に濡れながら歯医者の玄関の扉を開けると診療室があった。診療を終えたらしい患者の婦人が一人、会計の準備をしていた。どうかしたのか小さく咳を始めた。誤飲でもしたのかと様子を見ていると咳が止まりそうもない。マスクはしているが口から外している。口元に腕か手をあてる様子もない。あわてて三密を恐れ玄関の外に出た。怪訝そうに看護師が待合室から外を覗きながら受診を促した。医師が不機嫌になったとは考えられないが、虫歯を削る力がゴリゴリとして、若干強かったように感じた。三密防止で一旦外に出ると一言断れば良かったと後悔したが遅かった。
 人はある年齢になると歯が弱ってくる。必然的に歯の治療頻度が増す。美容室の場合、予算の都合やスタッフとの相性や髪型の好みや不向きがあるように、歯医者ほどその適合性に時間を要する病院は少ない。いくつか残る健康的な歯を維持するために、不具合の歯を多少犠牲にしながら、病院との相性を見極めなければならない。悪い歯といいながら削り取るうちに、ついには入れ歯となる。当然慎重に治療の様子を見ることになる。美容室と異なる所は見た目は重要ではない。大事なことはわずかな歯をいかに残すかだ。
 久しぶりに良い歯医者に世話になったと思った。どういうところがというよりも、直感である。難しいことは分からないが丁寧な仕事ぶりに感じ入った。歯の治療の放浪をしていると自然に直感が働いてくるのであった。
 その帰り、雨はまだ止んでいなかった。既に夕方ではあったが本屋へ寄ろうと思った。以前から愛読していたNHK講座の漢詩の冊子を読み終えたところだった。未だに詳しいことは理解しかねるが、漢詩に魅かれる所が幾つかある。その一つに歴史の中を駈け抜いて来た偉人たちの当時の気持ちは、漢詩によって生々しく残されている。更に漢詩を詠ずる感情は、往々にして二文字、つまりたった二文字の熟語によってて壮大な思いを表現する所にある。適切とは言えないが、例えば「寄欄」という文字からは、川に掛けられた橋の欄に、遊女が寄り添う姿が漂ってくる。漢詩の文字のから生じる想像は、音読の詳しい読みの範疇を超えるのである。
 帰路を急ぐ車両の流れに任せながら、道沿いにある白揚書店の駐車場に入った。雨のせいもあるのか駐車場は空いていた。書店の講座のコーナーに立ち寄った。何か興味深い他の講座がないかと思い書籍をあさっていると、なんと置いてないと思っていた漢詩の続きの講座、「漢詩をよむ」という冊子があった。更に「法華経」講座という冊子も一冊残っていて、ついでにそれも購入した。これでしばらくは趣味の読書を楽しむことが出来る。
 スマホもいいかもしれないが、たまには本屋もいいと思う。
 本はなんといっても一ページが広い。病院の待合室や、身体のリハビリには欠かせないのである。

どうか明日も、
良い日でありますようにーー。
スポンサーサイト



コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

モザマスター

Author:モザマスター
キャフェ ド モザのマスターです!
担当はドリンクとフロアのサービスです。
花の愛好家です。
季節の花の写真をアップしています。
キャフェ ド モザのホームページ:www.cafedemoza.com

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
プロフィール

モザマスター

Author:モザマスター
キャフェ ド モザのマスターです!
担当はドリンクとフロアのサービスです。
花の愛好家です。
季節の花の写真をアップしています。
キャフェ ド モザのホームページ:www.cafedemoza.com

検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR