FC2ブログ

創作連載小説「プレズムAI」 続(5) 

創作連載小説「プレズムAI」 続(5) 

(4)の荒筋
 順造は日記の記述内容の分類作業に入った。日記からは当時の世論や思想や流行などが蘇る。プレズムAIは一個体二百万メロン、合計二百二十万メロン、入力費の他三年間無料メンテナンス契約料三万メロンを入れ、最終的な見積の結果総金額二百ニ十三万メロンとなった。

 順造は事前に提示されていた見積書を徐(おもむろ)に開いた。無表情なWP1の目を見ながら値交渉を切り出した。
突然コンシェルジュ、WP1・フランソワは自社製品の希少性と優れた性能を滔々と説明し始めた。順造は思わずAIが誤作動を起こしたかと思ったが、WP1に深々と頭を下げながら、
「分かりました、良く分かっています。ですが予算が足りません。妻が他界し三年、その寂しさを埋めるべく仕事に没頭し寂しさを紛らわしてきました。その間無常の日々が続きました」
  順三の瞼から一粒の涙が頬を伝わった。順三はそのまま続けた。
「やっと辿り着いたところが御社のプレズムAIです。それは先に逝った妻を蘇らせ、心の空白を埋めるものでした。しかし現実は余りにも厳しい。もはや生きていく希望が消失しそうです。なんとか予算を押さえる手立ては無いでしょうか?」
順造は俯きながら胸ポケットから右手でハンカチを出して握りしめた。
WP1は黙り込んだ。商品の値引きのプログラムは通常組み込まれていない。購入者の予算と意欲と性格並びに過去の実績のデーターベースを考慮し、所属する会社のノルマと商談の成功と決裂の優劣性を検索し、契約の成否を即座に判断する。WP1の決裁は二つ、イエス又はノーである。順造は肩を落としてうな垂れ、購買意欲を消失しかけようとしたところ、突然WP1は新案を提案した。
「順造様、昨年度の旧タイプのプレズムではいかがでしょう。ソフトの性能はほぼ同等で、本体の外装デザインが少し異なるだけです」
旧型は角形で文庫本型、新型は楕円形のペンダントタイプだった。いずれもワイヤレスで携帯可能である。順造は即答した。
「それでは、その旧型で・・」
  諸経費入れて再合計二百メロンとなった。

 二ヵ月後の朝、データ入力とシミュレーション調整を終えたプレズムAIが自宅に届いた。寒い冬が過ぎ早春の頃だった。個体の名前は十志子の余韻を残しとりあえずトーコと呼ぶことにした。トーコの初期表示画面には、年月日と時刻の他に室内気温ニ十一度、湿度六十パーセント、炭酸窒素ガスレベル六、室内空気清浄率九十九・八パーセント、充電率百パーセントと表示されている。
「おはよう」
「おはようございます、初めまして順造さん」
「じゅんぞうかあ、ちょっとよそよそしくないかな? その名前以外に他に親近感のある呼び方はないの?」
「私は順造さんという呼び方で違和感はありません」
「そうだね、君の名前はマダムトーコ・帆波でどうだろう? ニックネームはトーコ」 
「それではこれから私はトーコですね。それではあなたをどう呼んだらいいのですか?」 
「僕の新しい名前はジュンゾー・帆波。普段はジュンゾーでいい」 
「分かりました。ジュンゾー。正式な私の名前はマダムトーコ・帆波、何気にお話しする時にはトーコですね。気に入りました」
「トーコ、きみなかなか個性的じゃないか。今“何気に”とか“気に入りました”とか、どこでそんな感情的言葉を学んだのかい?そういう原語の使い方はとてもいい」  
「ライフヒュージョンセンターのパラルーム室でお会いした時、あなたの右脳からの情報です」
「そんな、頼んでもいない情報を検索していたとは驚きだね」
「お許し下さい。それは私達の使命です。存在の根幹をなすものです」 
「存在の根幹か? まあいい、すべてはプレズムAI・マダムトーコ・帆波の存在のためというのだな。分かった。ところでトーコ、今日は寒くないかい?」
  順造はとりあえず会話を続けた。
「私ですか? そもそも個体ですのでサーモグラフで温度を標示し、数値によって寒暖を原語で表現することは出来ますが、体感は出来ません。あなたは寒いですか?」
 これが順三の期待していた日常トークだった。
「トーコ、とりあえず“出来ません”というよりも“ええ少し”とかいう会話の方が繋がりやすいよね。もう一つ、そもそも君と僕の間でデスマスの丁寧語は面白みがない。寒いですかというのは礼儀正しい言葉使いかただけど、普段はもっと砕けた表現でもいいよ。そうだね、例えばあなた寒い? とかね」
「そういう親密的な言い回しはまだ私の原語にはありません。でも必要ならば学習いたします」
「ありがとう。でもそう焦らなくてもいいよ。そのうちに馴れると思うから。そうだトーコ、僕が留守の時には出来るだけテレビを付けておくから、ドラマなどの会話を勉強してくれるかい?」
「指導と課題がアバウト過ぎますと」
「なんだね、その“過ぎますと”は、何語?」
「すみません、あなたの右脳に残っていた原語です」
幼いころ順三が使っていた方言と知り、順三はソファに肩肘を付きながらふんふんと頷いた。
「そうか、誰でも初めは良く分からないんだよ。そのうちに時間が空いた時に、君と会話の勉強に付き合う。とりあえず、暇な時にはテレビ等を観て欲しい」
「ほんとにいいの?俗悪的なテレビや映画を観ても」
トーコの会話が少しずつ親密になってきたようだ。
「それは困る。しかし教育的過ぎても面白くない。例えばNHKの子供番組や古典落語とかは話し手と表情が一致して理解しやすいかもしれない。人の愛情や憎しみの感情なら古典映画だけど“嵐が丘”などもいいよね」 
「ごめんなさい。つい反論して」 
「いいよ、トーコは十志子、十志子は僕の妻で、同じ価値観を共有してきた夫婦であり同志だろう。そうだトーコ、君との親睦を深まるために旅行に行かないかい?」
 窓から差し込んできた暖かい光が床を照らしていた。
 飛源五年、旅行は海外から宇宙へと広がりつつあった。少々の肉体的トレーニングを積むと月旅行にも参加できる。同時にインフラ開発も急速に発展した。海底リニアカーはハワイ島を経由し、太平洋を六時間で横断出来る。
  欧米も欧州諸国も身近になっていた。
「今流行りの月旅行なんかじゃない。未だに歴史遺産の街の残るパリだよ」
「うわ、楽しそう」

--了--

これで連載小説とエッセーは終わりです。退屈な作品を根気よく読んでいただきありがとうございました。読むのも書くのもどちらも大変です。それでも書くということは楽しいという点で読者よりも幸せかもしれません。幸せがあるということはその分だけ不幸があるのです。味方のいる数だけ敵がいるというのはローマ時代の王が言ったとか。犠牲の上に平和がある? 本当でしょうか? 理解しがたい現実が見え隠れしてきます。そこで暗いことばかりを心配するよりも、楽しい事を考えた方がずっと気持が晴れます。不安は希望へ、不満は試練とし、悲しみは励みに気持ちをコントロールする。これが未来へのプラス思考です。きっと楽しいことが待っているかもしれません。
それでは明日も、
良い一日でありますようにーー。
スポンサーサイト



コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

モザマスター

Author:モザマスター
キャフェ ド モザのマスターです!コーヒーと庭と花の愛好家です。「モザマスターの日記」を担当しています。
檀桃源です。この窓を借りて「エッセーと古典」をシェアリングしています。

キャフェ ド モザのホームページ:www.cafedemoza.com

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
プロフィール

モザマスター

Author:モザマスター
キャフェ ド モザのマスターです!コーヒーと庭と花の愛好家です。「モザマスターの日記」を担当しています。
檀桃源です。この窓を借りて「エッセーと古典」をシェアリングしています。

キャフェ ド モザのホームページ:www.cafedemoza.com

検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR