FC2ブログ

エッセー テーマ「苦笑」

1800字 エッセー テーマ「苦笑」 200906 檀 一二三   

 成り行きというべきか都合と言った方が良いのか、表題のエッセイ「夢」から始まり「怒」を綴った。そこで終わると思い、やれやれと一息付いたところ、何かがふっと肩に触れた。「おい」と声を掛けた者がいる。「なんだ、きみは?」と尋ねたと思う。つまり声は聞こえるが人影が見えない。なんと彼はもう一人の自分だった。
 通常自分には僕と俺の二人がいる。二人は同じ身体に適当に同居していているのだが、どういうポテンシャルでバランスをとっているのかよく分からない。価値観や趣味なども共通していて、理屈好きな性格も似ている。多分二人は結構仲がいいのだと思う。その昔、気持ちも身体もエネルギーに溢れていた年齢の時には凡そ、俺が俄然前面に出ていた。むしろ出過ぎで随分廻りの人々に迷惑かけたと思う。そのころにはそんなに気にかけていなかった。分別が欠落していたのだろう。いろいろな意味で始末が良くない。どこでいつどう変化したのか不明瞭だが最近は僕が多い。今ではそういう感覚よりもむしろ明日のことが大事になってきた。
今気にしなければならないことは山ほどある。声に出したくはないが第一に年金制度。年金の増額は無理としても減額はしないで欲しいと願う。生活は攻めから一転し守りの体制へと変化してきた。急速に変化する社会では僕のほうが生活環境に適している。ガラパゴス島の動物ではないが、社会環境に順応したことになる。適応性は柔軟な反面、運動の反応速度が鈍くなった。車庫入れも何度か繰り返す事が多い。
 悪いことばかりでもない。機敏性の減少に半比例し、先見力は広くなってきたようだ。日頃のニュースなどの報道において、限られた僅かな情報でも、その裏に隠れた生業や要因はおよそ推測できる。これは重ねてきた経験の幅と深さのおかげだと思う。
近年時間はあるものの経済力は豊かとはいえない。資金が底を付いた訳ではなく、不透明な未来に予算が組めないのであった。と言って何もしない人生など面白くない。失敗を恐れず前向きに生きなければならない。
現在サラリーマンの息子は今や中堅となり、夜遅くまで働いているらしい。たまの休日に実家へ帰省した時には、一杯飲みながら息子と親子の対話をする。
「お父さんは毎日が日曜日でいいなあ」
 おいおいこれでも父は結構忙しいぞ。年に一回ぐらいかもしれないが、受診する健康診断は心臓、呼吸器、腰、脳、脊椎など数種類では済まない。半年に一回の定期検診に加えて風邪や腹痛などで月一度以上は病院通いをしている。加えて脳の海馬の衰退防止と向上心促進のために、町の教育講座に月一度ぐらいは参加するし、話題の映画や劇団も見逃せない。老人性行動の単純化を避けるために、文楽など古典芸能にもたまには触れなければならない。この年齢において欠かせないことは、片手に鍬を掲げ畑を耕し、無理が重なり痛めた腰は整形外科のリハビリで治す。これこそ近年始めた自給自足に備えるルーチンだった。暇そうに見えるが実は時間が足りないのである。息子は理解したのか頷きながら応えた。
「やっぱり父たちは、楽しそうだ」
 楽しそうなのは、辛そうに見えるよりは良いかもしれない。しかし息子達には想像できないだろう。辛さの筆頭は浅い睡眠。つまり夜遅い就寝と朝早い起床。睡眠が不安定なのだ。夜目が覚めるとテレビを付けビデオを検索する。今まで忙しくて観ることが出来なかった映画を手あたり次第鑑賞するようになった。現役で奮闘している若者達には申し訳ないが、おかげで随分世界観が広がった。娯楽映画の大国アメリカから始まり、一方人間味溢れる北欧映画、伝統的貴族の英国映画、知的でウィットに飛んだフランスやイタリヤ映画、シリアスなロシアやポーランド、スウェーデン、ドイツ、インドやブラジルなどの映画ドラマからは日常生活や風土を感じる。どの映画も興味深い物語はいろいろあるが、中でも好みはフランス映画。この国の死生観が淡白で面白い。睡眠不良解消とは言え、夜な夜な観ていた世界の映画に退屈し、いつしかポルノ映画の検索をしていた。
最近夢見が悪くなった。どんな女性か記憶にはないが、浮気をしている夢である。スクリーンの如何わしい残像かもしれない。浮気願望? まさか、今さら。
 長い診療所通いで仲良くなった若い看護師さん達が増えたのは確かである。老人らしく姿勢を正す必要がある。しかし毎日テンションだけは上げていたい。
一人苦笑するしかなかった。

--了--
スポンサーサイト



コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

モザマスター

Author:モザマスター
キャフェ ド モザのマスターです!コーヒーと庭と花の愛好家です。「モザマスターの日記」を担当しています。
檀桃源です。この窓を借りて「エッセーと古典」をシェアリングしています。

キャフェ ド モザのホームページ:www.cafedemoza.com

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
プロフィール

モザマスター

Author:モザマスター
キャフェ ド モザのマスターです!コーヒーと庭と花の愛好家です。「モザマスターの日記」を担当しています。
檀桃源です。この窓を借りて「エッセーと古典」をシェアリングしています。

キャフェ ド モザのホームページ:www.cafedemoza.com

検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR