FC2ブログ

テーマ色 『一つの相違点』

「ダンさん」の1800字エッセー  テーマ色 『一つの相違点』 200826(水) ダンヒフミ

 面白くない話題を考えようと試みる。そう考えていると思考が迷路に入る。迷路に入ると思考の悪魔と同化する。同化すると面白くないことが面白くなる。そうなるともはや変人と呼ばざるを得ない。変人は、実際には面白くないのに自分だけが一人面白いと思うので、周囲から変な目で見られる。更に書き続けると周囲から疎外される。そういう日が続くと鬱になる。鬱になると薬を飲む。薬を飲むと気分が良くなり元気を取り戻す。元気になると何かしたくなる。何かしても薬の効用で疲れの程度が理解できない。気分が良いのでとりあえず机に座ってペンを持って物書きをする。主題も決めず取り留めなく書き続けるうちに脳の思考は悪魔と同化していく。思考はもはや迷路の中にいるのである。今まさにその状態にありながら、随筆のテーマ「色」についてあれこれ考えていた。隣人から疎外されつつも、思考は迷路の領域にあり、やがて脳の核へ侵入すると突然変異を起こす。
 そこで最初に思い浮かんだのが『色情』だった。確かに色ではあるが、品性に欠けるので出来るだけ避けたいところである。江戸時代に書かれた草双紙『好色一代男』などは、題名からして興味深い。同じ言葉でも『色魔』などはもはや死語に近い。『色欲』に至ってはいずれ忘却へと向かう。『性欲』はホルモンに比例し、その分泌量の多い時期はコントロールに苦労する。徐々に気が重くなってきた。話題が暗い。もっと楽しい話はないものだろうか。そういえば好きな色があった。ずっと昔から紫色が好きだった。花で例えるとショウブやアヤメなどの色である。紫色はどちらかというと、神社仏閣の幕や衣など、神事によく使用されることが多い。お清めの色、又は神聖という意味合いで知的なのかもしれない。紫で湧いてくるイメージもある。紫式部さんと言えば紫を思い浮かべるが、あくまで勉学の域ではなく、イメージの世界である。紫に憧れることに変わりない。また薄紫色においては、観ているだけで心がロマン化する。ロマンが脳内を独り歩きするのである。例えばライラックの花は恥じらいのロマンとなる。枝先に無数に広がる小粒の花びらに顔を近づけると、鼻孔にかすかな香りを感じる。その微香なところが実にいい。奥ゆかしい香りは瞬時に感情の 覚醒を始め、しいては花に恋をし、空想のロマンが心を支配するのである。
赤色にも好きな色がある。彩度の高い赤よりも、むしろ僅かに紫の入った赤色がいい。服飾の世界では、ほどよい赤色は、独自性のあるブランドとなる。
 困難な色の再現と言えば黒色かもしれない。微細な紺あるいは緑色を混入した黒もある。冠婚葬祭の黒色は庶民的な黒と言える。アルマーニの黒色はハイソサエティーで魅力的に見える。同様に山水画の黒色は心が穏やかになる。勿論画家の筆力にもよるが、墨色自身の持つ感性によるのではないだろうか。そういえば色の三原色の赤、緑、黄を混ぜると黒になる。有彩色を突き詰めていくと黒になる? 論点は飛躍し、すべての有彩色は行きつくところ黒色となり、暗闇となって色そのものを消失していく。もはや色は瞑想の世界へ誘われていく。
 『色』という原語の意味を別の視線から思考してみた。思いついたのは『色即是空』という古典的な仏教詩。漢詩をそのまま読むと、『即ち色はこれ空』となる。仏教哲学の中でも最も難解な一節ではあるが、色はあるが見えないという。ここでの『色』は色彩の三原色ではなく『物』、つまり物体や形を意味している。言い換えると、形は見えないものということになる。つまりこの場合、色は人の観念の中にあり実際には見えない。
 ところがその色が見える場所がある。ほぼ人の肉体が死に近づく時におよそ見えてくる光や景色である。その景色は、人の生命力の限界に近い所に存在する。金色(こんじき)の神々しい光と、美しい花の中に包まれるらしい。一度死亡して、その後、奇跡的に生き返った人の話に多く聞かれるという。実際に見たことはないので確信は持てない。スポーツのアスリートの間では『ヘブン』と呼ばれ、静寂で崇高な世界と聞いている。これも体験したことがないので本当のことは分からない。
古来人はこの光に憧れた。それほど美しい所ならば、できれば生きながら観てみたいという願望が出てくる。願望はやがて『即身成仏』への道へと繋がり、生命の永遠の課題となった。難解な世界なので深くは語ることが出来ない。ここで筆を止めよう。筆者にとっても読者にとっても時間の浪費に近い。しかしながら一つの相違点がある。唯一筆者は至福の世界にいたのである。(ダン)
スポンサーサイト



コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

モザマスター

Author:モザマスター
キャフェ ド モザのマスターです!コーヒーと庭と花の愛好家です。「モザマスターの日記」を担当しています。
檀桃源です。この窓を借りて「エッセーと古典」をシェアリングしています。

キャフェ ド モザのホームページ:www.cafedemoza.com

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
プロフィール

モザマスター

Author:モザマスター
キャフェ ド モザのマスターです!コーヒーと庭と花の愛好家です。「モザマスターの日記」を担当しています。
檀桃源です。この窓を借りて「エッセーと古典」をシェアリングしています。

キャフェ ド モザのホームページ:www.cafedemoza.com

検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR