「百舌の彫刻」

「百舌の彫刻」171205(火)晴れ 
休日の朝、風のない冷たい日でした。
西側にある庭には、まだ日が当たっていません。
昨日、剪定した庭木の枝を片付けたばかりでした。
さっぱりとした庭は、鳥たちの憩いの広場。
1IMG_6065.jpg

何という鳥でしょう?
何を探しているのでしょう?
身体は比較的に大きく、羽根が茶色い。
目の周りが白いので、
「ホオジロだろう?」
と言ったら、
「全然違う!」
と、細君に断言された。
二人とも野鳥の知識は少ないので、しばらく押し問答が続きました。
野鳥の会には所属していないので、どちらでもいいのですが、
2IMG_6071.jpg

ホオジロ君が、ブロックの縁に立った。
しばらくこちらのほうを眺めていたのですが、プイと背中を向けた。
ここに着地した目的も果たしたので、どこかに飛んでしまうのかと思っていたら、どこにも行かずじっと枯れた田畑を眺めていた。
そこから見えるのは、たまに通り過ぎる車や自転車。
車といっても通勤時間をとうに過ぎているので数が少ない。
どうするつもりなのか気になり、後ろ姿を眺めていたら、ホオジロ君の背中に何かを感じました。
「まるでおっさんや―――」
失礼な話です。
彼または彼女は、羽根を安めに来ただけでした。
3IMG_6072.jpg

「二羽いたのかな?」
4IMG_6072 (2)

枝の下にもう一羽庭を散歩していました。
一羽が餌を求めて移動したのかもしれません。
5IMG_6074 (2)

これは昨日のトカゲ。
まだ食べていません。
一夜干しかと思っていたら、意外にも陰干しにして保存するみたいです。
きっと味が濃縮されるのでしょう。
改めてイチジクの枝を眺めると、
6IMG_6073.jpg

カエルの串刺しがありました。
この枝は、モズの貯蔵庫になっていたのです。
それにしてもこのカエル、芸術的に見えませんか?
7IMG_6075 (4)

【モズの彫刻】 「オーノー」
と名付けました。

明日も良い日でありますように―――。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

モザマスター

Author:モザマスター
キャフェ ド モザのマスターです!
担当はドリンクとフロアのサービスです。
花の愛好家です。
季節の花の写真をアップしています。
キャフェ ド モザのホームページ:www.cafedemoza.com

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
プロフィール

モザマスター

Author:モザマスター
キャフェ ド モザのマスターです!
担当はドリンクとフロアのサービスです。
花の愛好家です。
季節の花の写真をアップしています。
キャフェ ド モザのホームページ:www.cafedemoza.com

検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR