FC2ブログ

書き終いの続き 平成30年大晦日 晴れ

書き終いの続き 

嵐の前の静けさです。
今日の山を見ながら、孫達の帰省を待っているのです。
1IMG_7467.jpg
陽が昇り、山が厳しく白く光っています。
先日クリスマスの日に、O様に頂いたドイツの菓子パン。
2IMG_7458.jpg

Godeis Backstube Hidesheim,Germany
ゴデス バクスタブ ハイデスハイム ジャーマーニ」とでも読むのでしょうか。
カバンに入れられ空輸されてきたそうです。
このパンは、ドイツではクリスマスに食べるシュトレーンと呼ばれ、日本でも売っているようです。
その中でもこのゴデス店では、ドイツでも数少ないシュトレーンパンのマイスターが作っているとのこと。
ドイツのマイスターは修行が特に厳しと聞いています。
ドイツではクリスマスのおめでたいお菓子なので、一日一切れづつ食べるのだそうです。
実は昨年そういう詳しいことを何も知らずに、一度に全部食べてしまいました。
はしたないことをしてしまいました。
味は群を抜いて別格でした。
3IMG_7460.jpg

このマークが見印です。 
今度は大晦日にみんなで一切れづつ食べようと、準備して待っているところです。

それでは、風邪などひかないよう、お身体をお大事にお過ごしくださいませ。
来年もよろしくお願い申し上げます。
スポンサーサイト

「今日はモザ」 181230(日) 晴れ

「今日はモザ」
大晦日には、なにかと多忙で落ち着いて書けないので、平成最後のブログの書き終いをします。
物語は「モザ」
「その語源はなに?」
オープン当時、しばらく、おそらく数年間、来客される皆様の話題の一つでした。
そもそもモザの語源は、そのたびたび異なるものでした。
その一つ、
ある時は「ミモザ」だった。
モザのミモザは土壌の相性が良かったのか、或いは主人の手塩にかけた甲斐があったのか、今年も春の開花の先頭を切って輝いていました。
確かにモザかもしれません。花弁は山吹色というよりも、むしろ金色、黄金の輝きに近い・・・。
幸せを運ぶような、モザの語源にふさわしいと思っていました。
二つ、
ある時は、モーツアルトが語源でした。
作品番号ケッヘルナンバー1から600以上のメルヘンチックで、悲哀と感動に満ちた作品に癒されてきたモーツアルトは、モザの語源の由来にふさわしい。
そう思いつつ、モザの語源に思いを馳せていた時もありました。
今、再び蘇るその名。
実は、そうでもなかったのではないか?
元旦を迎える準備で、一息ついた年の瀬のひと時、あるドキュメンタリー「モナリザ」を観見てた時のことです。
今から約100年前、そのモナリザは仏・ルーブル美術館から盗まれた。
そして発見されたところは、ホテル・ラ・ジョコンダ。
詳しくは分かりませんが、モナ・リザという意味だそうです。
歴史は常にドラマチックです。
なんとモザの語源は、「モナリザ」の「モザ」だった。
知らなかった。もしかしてダビンチの再来だったのでは?
妄想と勘違いが同時に重なった。
とはいえ、今は、
モザの語源は「モナリザ」ということにしよう。
もしかしてこの年の瀬は、心の霧の晴れる日だったかもしれません。

それではみなさま、
よいおとしを——。

お正月の酒の肴 181229 しぐれ

お正月の酒の肴

一日冷たいしぐれでした。
年末のカウントダウンが始まったようです。
おせち料理の用意は進んでいますか?
思い浮かぶレシピ―はいろいろあるかもしれませんが、作るか買ってくるか迷います。
割干し大根を買ってきました。
鹿児島県産京都製造で、切干大根よりかなり太目に切った大根を干したものです。
味噌汁の具材にも使えるし、ハリハリ付けになりそう。
量が多かったので半分ほどに分け、一日水に浸し、水気を手で絞って、昆布とスルメを細かく刻んで混ぜる。
醤油と酒とみりんと酢と水を、1:1:1:0.5:0.5の割合で煮切り、
火を止めてから鰹節を一掴み出汁に入れて、さっとあげて絞る。
出汁を味見したらなんと、グッドジョブ!!
その出汁を、干し大根が入っているボールにヒタヒタぐらいに入れて、ラップして一晩冷蔵庫で寝かしました。
(明日の朝にはできてるかな?)
明日はたたきごぼうに挑戦です。
ゴボウは京都の『ホリカワゴボウ』
とても太いお化けごぼうですが、実が柔らいのです。
クックパットなどを参考にしながら、といいつつ多分その通りにしない?
いつもの悪い癖が出そうーーー。
どちらもお正月の酒の肴です。
今年もあとわずかです。
事故などないようにお気をつけて、
がんばってくださいーーー。

『平成の最終章』 181222(土)

『平成の最終章』 181222(土)小雨

江戸時代が終わり、明治時代から数えて約150年がたった今、平成時代が終わろうとしています。
歴史上良いことと、そうでないこともありました。
明治の変化も激動的でしたが、平成の終わりの世界の変化も著しい。
とくに情報の伝達は、日本という枠を終えて今や一瞬にして世界に広がる。
従来の時間と、現在の時間の概念が変わったということです。
時間が縮まる情報伝達は、宇宙の時間が縮まる現象と似ているように見えます。
そのうちに三次元のバーチャルで世界を繋ぐようになる?
仕事も旅行も会議も、やがては民族も極端に例えるならば家族という核さえも存在の意味が無くなる?
とんでもありません。
時間は一日24時間、貧富や境遇の違いはあるとしても、与えられた一日を自分なりに過ごすことが、より人間らしいような気がします。
決して三次元のバーチャル旅行が嫌いだという訳ではありません。
将来可能であればですが、家に居ながら旅行が出来るのであればぜひ体験してみたい。
バーチャルなので、風があり音もあり匂いもある、乗り物に乗ると振動もあって、飛行機に乗ると耳に気圧も感じたりする?
更にその技術は進んで訪問先の食物の味覚も感覚的に感じるようになるとすると、現実の世界と疑似世界の境界が無くなる。
しいては現実とバーチャルの世界が混在して、現行法との矛盾が生じて社会が混乱する?
とんでもない妄想を抱いてしまいました。
やはり、未来には魅力もありますが、どちらかというと平成、平成よりも昭和、昭和よりも大正明治江戸など、人々が平和に暮らしたその時代こそ愛着があるのではないでしょうか。
この地球を韋駄天の走破する平成の最終章を迎え、脱帽した歴史的ニュースの話題を三つ。
この場での話題としては違和感ありすぎですが・・・、

その一、
スズキ自動車の中国撤退。
詳しくは何も分かりませんが、即断に脱帽です。
その二、
東京地検の決断。
その勇断に脱帽です。
その三、
妊婦の診療費加算廃止の検討。
勇気ある英断に脱帽です。

来年は、体力があればの話ですが、
芭蕉のように、どこか知らない街を歩き旅したいーーー。

『こうして・・・』181220(日)晴れ

『こうして・・・』
ブログを書いていくことは、大事なことなのでしょうか?
もう年末はすぐそこまでやってきています。
お部屋のお掃除はお済みになられましたか?
風邪の予防注射は大丈夫ですか?
お正月に備えて、庭の草などはとられましたか?

ごめんなさいね、余計なお世話でした。
これといった記すべきような話題が、とくにあるわけでもありません。
こうして何となく書いていく。
これがブログなのです。

みなさま、
毎日なにかと大変でしょうが、
くれぐれもお身体おだいじにーーー。

熱燗の酒 181214(金)晴

熱燗の酒

山の頂に居残る未熟な新雪を跨いで里に下りてくる冷たい風が、
セーターの隙間から入りこみ、肌の温もりを盗む。
0IMG_7446.jpg

冬なのでしょう。
金曜日の午後、窓際に近い机に座ると、弱い日差しが右頬を撫でました。
菰野町文学講座今年の最終回、森鴎外『山椒大夫』の最終の章、川原徳子講師の朗読は静かに続く・・・。

『・・・正道はなぜか知らず、この女に牽(ひ)かれて立ち止まって覗いた。女の乱れた髪は塵(ちり)に塗(まみ)れている。・・・正道は瘧病(おこりやみ)のように身内が震(ふる)って、目には涙が湧いて来た。女は・・・繰り返してつぶやいていたのである・・・。
 安寿恋しや、ほうやほれほ。厨子王恋しや、ほうやほれほ。・・・』
朗読を聞き入りながら、耐えていた涙が止まらなくなりました。
滴り落ちる机の上の涙を隠れるように拭きとり、まさに瘧病(マラリヤ)のような震える嗚咽をこらえのでした。
文学に涙することはあるのでしょうか?
これはきっと、老人の勘違いの青春に違いありません。

1IMG_7439-111

白い菊ばかりと思っていたら、黄色い菊もありました。
耐えるような白んだ冬空の下、その山吹色の鮮やかさに惹かれました。
2IMG_7443

今薄い陽を受け止めようと、吹き出す球根の芽。
3IMG_7444

こうして彼らは、春を待つのです。

今夜は、
熱燗の酒が目に沁みる。

冬の花壇

冬の花壇 181211(火) 晴れ

冬が来る前に、
花を植えました。
1IMG_7434

ここも、
2IMG_7435

むこうも、
3IMG_7436

あっちも、
4IMG_7437

こっちも、
5IMG_7438

花ばかり。
冬の花壇が出来ました。

春がたのしみですーーーー。

初冠雪

初冠雪 181210(月)晴れ

1IMG_7417-111.jpg
今年の初冠雪です。
昨日の風は冷たかった。
一夜明けたら山頂に雪が積もっていました。

2IMG_7425.jpg
曇っていた空は、昼にはすっかり晴れ、青空が広がりました。

3IMG_7426.jpg
今日はバラの蕾を撮りました。
久しぶりに見るローズヒップ。
近いうちに剪定します。

4IMG_7427.jpg
なんといえばいいのか、
この花いつも咲いて、とても一途です。
5IMG_7430.jpg
これはヤシの実。
この紫、おいしそう。

それではみなさま、
お風邪などひかないように———。

庭に舞う白い花

庭に舞う白い花 181209(日) 晴れ

1IMG_7400.jpg

バラと菊が一緒に咲いた
晩秋を告げる北風が吹いていた

2IMG_7406.jpg
花びらが落ちそうになった
風が叫んでいた
やっと自分らしく吹けたと
手加減などするはずもない
庭に舞う白い花びら
3IMG_7407.jpg

お願いだ
もう少しだけ待ってほしい
願いはかないそうになかった
4IMG_7402.jpg

しかたなく
枝を切って花瓶にさし
5IMG_7405.jpg

部屋の中に入れた
6IMG_7412.jpg

静かな午後だった

『がんばれ、やさいたち』

181207(金) 『がんばれ、やさいたち』

ジョウビタキのあと、やってきたのはモズ。
1IMG_7387-1111.jpg

しっぽが長く唇が鷲の形をしているのが特徴です。
身体は小さいですが性格は獰猛な猛禽類です。
いずれにしても、どちらも野鳥は可愛いですね。

何度もアップした菊ですみません。
2IMG_7394.jpg

失いかけた秋の色の庭の中で、白い花が徐々に広がってきました。
3IMG_7389.jpg

驚いているのは、今年は咲かないのかと思っていた紅のバラが咲いたこと。
独り言が始まりました。
『きみ、相変わらずきれいだね』
一人にんまりとしています。
今年こそは追肥をかけてあげよう。
IMG_7396.jpg

ストライキをしていたのか、ぐったりとしていたブロッコリーがむっくりと頭をあげてきました。
考えを変えたのか、やる気を起こしたみたいです。
『がんばれ、やさいたち』

明日も良い日でありますようにーーー。

誕生会

孫の誕生会 181203(日)晴れ

お誕生日のプレゼント、それは二つあります。
一つはピタゴラススイッチの仕掛けの材料。
と言っても仰々しいものではなく、段ボールの紙とか針金やゴムボールなど。
要するにそれらの材料を組み立てて、ピタゴラススイッチが成功するような仕掛けを作るためです。
今日送られてきたラインを見ました。
なかなか仕掛け作りが難しそう。
『あまり結果を急がないでーーー』
思考する行為、つまり創造性を育てることが大事だと思います。
みんなで楽しんでくださいね。

二つ目のプレゼントはジイジのDA PUMP のU・S・Aのダンス。
孫の幼稚園で流行しているようです。
たまたま見た朝のモーニングショウーで、その踊り方をやっていたのでラインで送ることにしました。
『カモン ベイビ アメリカーーー』
と歌いつつ、フェイスブックのいいねのように親指をたてながら手を前後に振り、同時に片足でケンケンする。
と、ここまでは簡単です。
それではということで、テイクワンスタート。
カメラが回り始めました。
『カモン ベイビ アメリカーーー』
と歌いながら三回繰り返して、
『はいカット』
それ以上の歌詞が分かりません。
それでもいい絵ずらが撮れました。
早速ラインで送ったら孫からダメ出しです。
ケンケンしながら踵を前に蹴る、
のだそうです。
ユーチューブで確かめたら、確かにそうでした。
今年の紅白歌合戦が楽しみですね。

いずれにしても、大変楽しかった孫のお誕生会でした。
プロフィール

モザマスター

Author:モザマスター
キャフェ ド モザのマスターです!
担当はドリンクとフロアのサービスです。
花の愛好家です。
季節の花の写真をアップしています。
キャフェ ド モザのホームページ:www.cafedemoza.com

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
プロフィール

モザマスター

Author:モザマスター
キャフェ ド モザのマスターです!
担当はドリンクとフロアのサービスです。
花の愛好家です。
季節の花の写真をアップしています。
キャフェ ド モザのホームページ:www.cafedemoza.com

検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR