FC2ブログ

『褒めてあげたい』

『褒めてあげたい』181130(金)晴れ

二年目の秋に花が咲きました。
1111-IMG_7381.jpg

何色かと楽しみにしていたら、
白い菊でした。
褒めてあげたいーーー。
スポンサーサイト

古典講座

菰野町古典講座【森鴎外】

今日の古典講座・森鴎外【安井夫人】
大正三年・52歳の作品から、気に入った一節を三節ほど残しておきます。

【才気が眉目をさえ美しくする】
【夫に仕えて労苦を辞せなかった】
【ただに服飾の粗に甘んじたばかりではない】
その大まかな意味は上段から、
知性は美顔を成す。
夫と共に苦労を共にする。
単に粗末な身なりで我慢をしたばかりではない。
以上の三節について、男女の権力関係に賛同したのではなく、
人の感情の端的な表現の仕方に心地よさを感じたということです。
特に第一節にある才気と美男美女の関係に気づいていた人は、鴎外以外にも多数いたのではないでしょうか。

例えばこの言葉を借りて文をつなぐとすると、
【単に衣服の贅沢などもなく、苦労を惜しまず、勤勉に努める人の姿は美しい】
となるとおもいますが・・・?

『きみ、解釈違っていますよ』
などと指摘されたらどうしましょう。
ちょっと興覚めされましたか?
あしからずーーー。

月一回開かれる菰野町の古典講座は、とても面白いですよ―――。

「子育てがんばれーーー」 

「子育てがんばれーーー」 181128(水) 晴れ

もうすぐ孫が誕生日を迎える。
孫の家は少し遠く、出かけるには半日ほどかかる。
年に二回ほどは合うが、普段は会う機会がない。
ところが今はラインという便利なカメラがあって、会おうと思えば毎日会える。
送られてくるのは画面や映像なので、日頃の様子は手に取るようにわかる。
もし半日ほど時間をかけて出かけるとすると、出来ないことはないが非常に疲労を伴う。
疲労だけではなく、東京駅の構内の雑踏の中にいると邪魔者にされることが多くなる。
NHKの人気番組【チコチャン】がよく叱っている「ボーっとしてるんじゃないよ」
、などとは言われないにしても、東京の構内では肩を下げながら睨まれたりする。
せっかく上がったテンションは徐々に下降していく。
出来るだけ迷惑かけないように前に進んで歩いているのだが、看板を見なければ変なところに出てしまう。
案内看板を見ながら顔を傾けたりしていると、隣を歩く人が近づいてきて、耳元近くで舌打ちされることもある。
気分はもう最悪。
ぼくはこれを【東京の屈辱】と呼んでいる。
東京はつまらないかというと、実は面白い。
例えは良くないが、昔ヨーロッパではパリは憧れの町だったらしい。
文化、芸術すべてがその対象だった。
聞くところによると、ニューヨークは世界トップの近代都市で、今東京は香港と肩を並べるほど近代都市らしい。
短く言うと、近くになんでもそろっていて、生活環境が楽しいということだと思う。
確かに楽しいかもしれないが、
楽しむためには第一に相応の体力がある事、そして好みの施設と利用する時間と必要な費用が伴う。
住めば都というように、大都市で便利な生活を楽しむのも良いし、一方田舎で太陽に任せて自然と共に日々を過ごすのも悪くはないと思う。
子供のように若くてエネルギッシュな時代は大都市で過ごし、体力が衰えてくれば状況に合わせて住む環境を適度に変えるのもいいかもしれない。

孫の誕生日には何か送ってやることになった。
いろいろ悩んだ後、【ピタゴラスイッチ】というおもちゃが好きという事が分かった。
聞いたことがなかったが、いろいろな材料を集めて自分で作るおもちゃらしい。
なるほど、確かに昔のおもちゃはみんな手作りだった。
適当に材料をいくつか集めて、設計図を添付して送った。
どうなることやら、そのあとが楽しみだ。

ところで、
島民の方々には申し訳ないが、
情報は地球の距離感を無くしてきている世の中、
老後を孤島で適度に過ごすのもひょっとしたら面白いかもしれない・・・。
その前にーーー、

「子育てがんばれーーー」

紅葉谷

紅葉谷 181127 (火)晴れ

ニュースによると、紅葉の見ごろは月末らしい。
人気の場所は赤目八十八滝、亀山城、水沢紅葉谷、湯の山、藤原等と聞き、
それではということで、
菰野から最も近い紅葉谷のライトアップを見に行きました。
茶畑の間の広い坂道を上り、山道に入るころにはすっかり暗くなっていました。
近くの無料駐車場に車を止め、徒歩5分ほどで紅葉谷です。
1IMG_7380.jpg

林道を照らす提灯。
2IMG_7379.jpg

長い坂を下がると橋がありました。
とても静かな紅葉の夜景でした。
3IMG_7376.jpg

遠く光る四日市の夜景を眺めながら帰りました。

それでは、
またあしたーーー。

【芸術の秋】 

【芸術の秋】 181125 (晴れ)

芸術の秋ですね。
昨日はパラミタミュージアムの近代西洋絵画名作展、【印象派からえこーる・ど・パリまで】を、
そして叉今日は四日市市民ホール展示会館で開催されていた友人の【萌】(ほう)絵画展の鑑賞に出かけました。
久々に観る印象派とエコール・ド・パリの作品の新鮮なこと。
マリー・ローランサンは専門誌では何度も見たことがありましたが、原画は初めてです。
やはり黒い目の色が印象的でした。
かつて見たことのない黒で、むしろもしかしてピンク色の黒かもしれません。
いつまでも網膜に焼き付き記憶される色になるかもしれません。
ユトリロの原画にも胸がときめきました。
パリ都内の生活道路風景に中世の建物や歩道を歩く人々がいる。
たったそれだけの絵なのに、無常の生命感が漂ってくる。
最も心躍された作品は、藤田嗣治、後にフランス国籍となったローナール藤田の作品、
【ピクニック】挿絵。相当ボリュームがありました。
トマ・ルカの小説御遠足の挿絵なので男女とも和服姿がが多い。
なのに着物の隙間からわずかに見える女性の肩や腕のふくらみや、
カマキリのようにとがった顎と、細いキツネ目の女性の色っぽいこと。
藤田はモデリアーニを師と尊敬していたようなことが小さく解説に書いてあり、なるほどと納得しました。
モデリアーニの女性は、女性の中では最も色っぽいのです。
その色気の隠れた再現を挿絵のなかに見たようでした。

一方の友人の【萌】(ほう)絵画展は全て原画です。
代表は川越町の寺本武次さんで、今回は第26回という伝統あるグループ展です。
一年に五作品ほど書いて出展されるようです。
その努力には脱帽です。
友人は佐藤良夫君で、作品の特徴は印象派のルノアールを髣髴させる、
温かみを感じる風景が特徴で、僕はそのファンの一人です。
更なる絵画情熱の炎上を期待しています。
ありがとうございました。

出会い

『出会い』 181121 (水) 晴れ

一話
昨日紅葉(もみじ)狩りの帰りがけ、
Sの字カーブの続くスカイラインを坂道を下っていた時の事。
突然目の前の路肩の崖からカモシカが出てきた。
崖は車の窓の高さほどあり、まさに飛び降りようとしている。
一瞬カモシカの青い目と目が合った。
子供のカモシカだった。
たとえようのないかわいさだった。
可愛そうに・・・と思った。
晴れた昼間、餌を求めてさまよい歩いていたに違いない。
それにしても危ない所だった。
カメラは持っていたが間に合わない。
スマホがあればと後悔した時だった。

二話
出会いは続く。
数年前からのお客様が同級生だったとは。
「ぼくの事わかる?」
ニコリと笑いながら聞いて来られた顔で思い出した。
懐かしさのあまり思わずハグをした。

三話
今日の朝食の時、窓の外に目をやると、
ジョウビタキ1

庭のイチジクの木の枝に一羽の野鳥が止まった。
ジョウビタキ2

渡り鳥『ジョウビタキ』だった。
茶色い羽毛と、羽根の白い斑点がとても美しい。
里山に餌が少なくなってきた。
つい食べ残しのミカンなどを枝に置き忘れるかもしれない。

明日もおげんきでーーー。

「秋に呼ばれて」

「秋に呼ばれて」 181120(火)秋晴れ

秋たけなわ。
昨日も空と山が我が家の窓をたたいていました。
「何しているの?早くおいでよ。何もかもほってさ」
と言っていたとか?
呼ばれるままに、紅葉狩りに出かけました。
第二名神バイパス(フリー)が山のふもとまで開通しました。
1IMG_7305.jpg

スカイラインを登るにつれて、目の前に山が迫ってきます。
2IMG_7321

新しい橋が完成して、湯の山スカイラインからロープウェイまで直通で行けるようになりました。
3IMG_7335

『ゆのやまカモシカおおはし』
と呼ぶのだそうです。
4IMG_7330

ロープウェイに吊られた赤いゴンドラが小さく見ます。
今日の空は底抜けに青い。
5IMG_7316

伊勢湾の向こうの島が海に浮かんで見えています。
さぞかし頂上からの眺めはいいことでしょう。
6IMG_7327

分かりにくいですが、第二名神のバイパスの向こうにモザが見えています。
橋の渡り初めを終えるころ、すでに昼は過ぎていました。
ランチをしなければなりません。
一旦下山して、山すそを北に向かって県道を走ること約10分。、
7IMG_7349

今にも麓に降りてきそうな紅葉の波に乗りながら、県民の森に向かいました。
8IMG_7352

このランチボックスは娘のクラスメイトだったお母さんが来日された時にお土産にいただいたもの。
ほぼ20年ぶりでしょうか、やっと役に立ちました。
「ありがとう」
すみません、お礼を言うのが遅れてーーー。
9IMG_7355

人もいなく風もなく紅葉がきれいな所でした。
変なタイミングで思い出しました。
最近のニュースによると、
京都の渡月橋の橋渡りが2時間待ちだとか・・・。
(それにしても静かなこと・・・)
1010IMG_7356

この場面に思わず妄想しました。
着物姿であこがれの『常盤貴子』さんが立っていたら・・・。
この後に続く言葉がうまく出てきません。

「秋に呼ばれて」
11IMG_7366

でした。

明日も良い一日でありますように。

風景イラスト 

風景イラスト 181118(日)晴れ
1IMG_7300.jpg

昨日アップした『おたふくなんてん』
2IMG_7299.jpg

同じく『はなみずき』のレンガ
3IMG_7294.jpg

偵察に来ていたカラス
4IMG_7296.jpg

占拠された庭
5IMG_7298.jpg

昨日希望していた平和な一日

風景イラストでした。
明日もおげんきでーーー。

『一段落』

『一段落』 181117(土) 晴れ

一段落です。
何がというと、第一に畝作り。
これは昨日アップしました。
第二は『南天』の木の株の移植。
8年間も木の影になっていた南天の木6株 を、やっと日の当たる場所に移植したのです。
第三はこれも同様の年月の間木の影になっていた『はなみずき』の木の移植。
現在背丈が短くなってしまい、よく耐えてきたものです。
最も日当たりのいい場所に移しました。
しかし、もう手遅れかもしれません。
盛り土した土が雨に流れないように、幹の根本の周りにレンガを積んでやりました。
立ち直る確率は少ないかもしれませんが、10年先を楽しみにしています。
第四は経典編集。
なんとか形が整いホットしています。

メンテナンスという仕事は限りがなく続くもので、例年早々には新看板作成が待っています。
残るは、小説『元』の続編の執筆。
取り合えず気持ちの整理がついたところで、
小休止ですーーー。

今日の真昼、仕事の合間にふっと窓の外に目線をやるとなんと、
カラスの集団が庭を歩いている。
秋の広がる日当たりの良い日でした。
(カラスの侵略?)
なぜか分かりませんが、カラスの夫婦愛を思い出しました。
以前偶然出会った出来事で、車に敷かれて死んだカラスのそばを離れない一羽のカラス。
その姿と重なって、カラスは福の神かもしれないと一瞬思ったのは変でしょうか?
仕事を終えたあと、その話題で妻と盛り上がりました。

どうかあすも、
平和でありますようにーーー。

映画『マンボウ』

映画『マンボウ』 181116(金)晴れ
アマゾンのビデオ『マンボウ』を観ました。
デンマークの漁村の物語です。
その評判がいいとかなどの理由は特になくて、
二つの興味に惹かれたからです。
その一つはデンマークの映画という事と、
二つ目は表題のポスターで主演者が着ていたセーターです。
そのセーターは、かなり昔、デンマークの北に位置するノルウェーに行った時自分で購入したものと同じデザインだったのです。
今も大事に持っていますが、今年の冬は普段着で使ってみたくなりました。
デンマークのコペンハーゲンの女優さんがポスターで着ていたものですからーーー。
物語の印象ですか?
社会派映画というのか、地元の漁師とその漁場で海洋研究をしている博士との恋愛物語です。
たいへん素朴で地味ですが、撮影はハンドカメラが多く使われ、それがとても緊迫したリアル感を出していました。
それと役者のキャスティングが素晴らしく、厳しい経済と貧しい生活環境の中での役者の演技力に引き込まれました。
不思議なタイトルの『マンボウ』は、漁師の主人公が捕獲したマンボウで、水族館で飼育されている。
その表情の豊かさに癒されること・・・。
映画を観てから、もうマンボウが食べられなくなりました。

明日も平和でありますようにーーー。

今日は野菜作の畝(ウネ)を作りました。
明日から何を作ろうかな?
と調べたら、どの野菜も季節外れだとのことでした。
どうしましょうねーーー?

『独り言』

『独り言』 181115(木)晴れ

今日は短くテーマは生け花。
年老いたような赤とんぼが、ひらひらと庭に舞い降りてきました。
「すいません、ちょっと一休みさせてください」
と、ことわりの挨拶をいったかどうかわかりませんが、
そのヒラヒラらしさについ、
「よかったら、どこででも、いつまでもどうぞ」
と、
言ってやりたくなる夕暮れ。
晩秋の哀れさのせいでしょうか・・・?
夕方、西の長い光が窓から差し込んできました。
縁あっていただいたユリを生けました。
1IMG_7287.jpg

大きな口の花瓶にオアシスを入れて一枝ごと刺して、くるりと一回転し、
2IMG_7288.jpg

(まっいいか・・・)
と独り言。
花は何も語りませんでした。

明日もいい日でありますようにーーー。

「秋の女王」

「秋の女王」181114(水)晴れ

「秋ふかばーーー」といいつつ、
どこにも出かけていないのに、秋のご報告。
1IMG_7231.jpg

近くの山のふもとの紅葉です。
2IMG_7239.jpg

こんなに近くの里山まで降りてきました。
3IMG_7267.jpg

粛々と、クリスマスを待つヒイラギの実。
4IMG_7273.jpg

水仙の葉の緑は光に輝く。
5IMG_7266.jpg

二回目の冬を迎える花の咲かない菊のささやき。
「今年も咲けないかも・・・」
気にしなくていいのにね。
「十分つぼみですよ」
と言ってあげたい。
6IMG_7275.jpg

底なしの青い空が、宇宙の果てまで広がる。
7IMG_7282.jpg

白い薔薇は秋の女王です。

ヒッチコックの【鳥】

ヒッチコックの【鳥】181112(日曜日の深夜) 天気予報では明日は晴れ

仕事を終えてから始める自宅のメンテナンスを『午後メンテ』と呼んでいます。
家の修理は職人さんにお願いするのが普通ですが、モザではほぼ自分で行う。
釘袋を下げて、トンカチをもって命綱を持ち、ヘルメットをかぶって脚立を抱えて外に出る。
この『午後メンテ』が実に楽しい。
時間と体調と天気さえよければ外に出る。
何かを作ろうという気持ちの高揚だけで爽快になる。
人は『物作りを創造する』ホモ・ファーベルという証しだと思います。
とりあえず今日の夕方は防犯照明を取付け、小さな達成感を味わっています。

先日例によって午後メンテをしている時のこと、道路差し向かいの電線にカラスが一羽止まっていました。
特に何もいたずらはしていないのですが、以前その下にある駐車場にゴミの入ったビニール袋が一袋捨ててありました。
時間帯によっては車の通行量が増える事もあって、一瞬心ないドライバーかと思わず疑ってしまいました。
ところが袋の中身を確かめてみると生ごみが混じっている。
その中身と道路からかなり離れた場所に落ちている点からも、犯人はカラスと判断しました。
烏は野鳥の中でも優れた能力をもっています。
その能力はいくつかあり、一つはチームプレイが出来ること。
二点目は鳥同士の泣き声により、コミニュケーションを交わしていること。
三つめは特質すべき点で、記憶力が良い。
作業中でしたが、その烏の下に無言で近づいていき、じっと睨む。
するとカラスは必ずそこから飛び立ちます。
そのような様子を数回繰り返すと、烏はその人物と行動を観察し記憶します。
そのうちにカラスは近づいて来なくなるのです。
カラスの優れた記憶力を利用し、駐車場へのゴミの飛散を防ぐ事が出来ます。

それからしばらくしたある日の事、
例のごとく『午後メンテ』をやっていました。
空を見上げると電線に二羽のカラスが止まっていました。
脚立の上に居て危険な状態にあったので、無視をして作業を続けていました。
するとまもなくして振り返って見たら、なんとカラスが百羽ぐらい、というのは大げさすぎるので、
五十羽ぐらい電線に止まっている。
異様な黒い影と光景に一瞬『絶句・・・』
(カラスの逆襲か?)
映画ヒッチコックの野鳥サスペンス【鳥】を思い出したのです。
(カラスに襲われる?)
同時に足が固まり、脚立の上で黙り込んでしまいました。
何事もなく仕事も終わり帰宅して、その迫り来る心境を妻に話したら、
大爆笑でした。

今日の締めくくりにミニニュースです。
最近筋肉が緩んで下腹が膨らんできたようです。
健康診断では要治療のメタボらしいのです。
そこで、ジムトレを始める計画を立てました。
その前にトーレーニング用の道具をそろえなければなりません。
まずシャツ、ズボン、靴、水泳用の眼鏡、耳栓、帽子等とりあえず全部。
これでいつでも行けるようになりました、が
行けるのか、むしろ行くのか、行ったとしても数回か、希望と不安が混在しています。
どこか適当なジムがあればいいのですがーーー?

それではみなさま、
明日も良い一日でありますようにーーー。

朝日昇る

朝日昇る 181101 (木) 快晴
秋空というわけではありませんが、風もなくとてもいい天気で、すがしい朝を迎えました。
IMG_7225.jpg

写真の白いのはカモシカ大橋で、頂上のほうにロープウェイが見えています。
IMG_7225-1.jpg

もうすぐ紅葉が麓に降りてくると思います。
こういう気持ちの良い朝が毎日来るといいのですが今日は、
ここから随筆に変わります。

随筆
【情緒不安定症候群症】
体調が良くて、睡眠がそこそこ取れて、適度にお腹がすいて、筋肉痛が少なくて、お小遣いもギリギリあって、
妻との仲が平穏で、たまに送ってくるラインで孫の元気な嬌声に感嘆し、妻の朝の料理のコトコトという音を聞きながら、
窓から見える釈迦が岳の眺めの不思議な出会いに、若き日の妻との出会いを重ね、
「今ここに居る自分は何者か?」
などと自問する。
厄介と言えば厄介な心境で、かかり付けの医者と相談でもするならば、きっと心療内科でも勧められるのではないだろうか。
それくらいの診断は自分でできなくもなく、すでに夜9時を過ぎるころには1錠の睡眠剤を飲んで、
出来れば午後11時には就寝したいと床に就くも、2時間毎にトイレに起きて用をすまし、済ましてはまた寝る。
そんなことを三回ほど繰り返すと朝がやってきて、今朝のような日が始まる。
それで特に困ってはいるというのでもなく、とりあえずそんな繰り返しを成り行きに任せている。
暇に任せてつまらないことに心配するほどつまらないものは無い。
やることが少なくなり、気にすることは恋愛などのような楽しい事とは程遠く、体の隅々までを体調をスキャンする。
自前のMRIは脳から始まり、首眼鼻歯喉肩内臓腰膝足まで丹念に使用できる時間を全開し不具合を確認し、行きつけの医者と相談する。
「先生、この頃よく食べるのですが、これ病気でしょうか?」
「最近足の裏がモゾモゾするのですが、だいじょうぶでしょうか?」
それらのほとんどは気のせいで、あえて病名をつけるとすると情緒不安定症候群症などと言われる。
そういいつつも、実は今日はいつもより肩が痛いが、その原因が思い当たらない。
もっとエネルギッシュな話題は無いのかと反省しなければと思うこの頃だった。





プロフィール

モザマスター

Author:モザマスター
キャフェ ド モザのマスターです!
担当はドリンクとフロアのサービスです。
花の愛好家です。
季節の花の写真をアップしています。
キャフェ ド モザのホームページ:www.cafedemoza.com

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
プロフィール

モザマスター

Author:モザマスター
キャフェ ド モザのマスターです!
担当はドリンクとフロアのサービスです。
花の愛好家です。
季節の花の写真をアップしています。
キャフェ ド モザのホームページ:www.cafedemoza.com

検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR