FC2ブログ

「子育てがんばれーーー」 

「子育てがんばれーーー」 181128(水) 晴れ

もうすぐ孫が誕生日を迎える。
孫の家は少し遠く、出かけるには半日ほどかかる。
年に二回ほどは合うが、普段は会う機会がない。
ところが今はラインという便利なカメラがあって、会おうと思えば毎日会える。
送られてくるのは画面や映像なので、日頃の様子は手に取るようにわかる。
もし半日ほど時間をかけて出かけるとすると、出来ないことはないが非常に疲労を伴う。
疲労だけではなく、東京駅の構内の雑踏の中にいると邪魔者にされることが多くなる。
NHKの人気番組【チコチャン】がよく叱っている「ボーっとしてるんじゃないよ」
、などとは言われないにしても、東京の構内では肩を下げながら睨まれたりする。
せっかく上がったテンションは徐々に下降していく。
出来るだけ迷惑かけないように前に進んで歩いているのだが、看板を見なければ変なところに出てしまう。
案内看板を見ながら顔を傾けたりしていると、隣を歩く人が近づいてきて、耳元近くで舌打ちされることもある。
気分はもう最悪。
ぼくはこれを【東京の屈辱】と呼んでいる。
東京はつまらないかというと、実は面白い。
例えは良くないが、昔ヨーロッパではパリは憧れの町だったらしい。
文化、芸術すべてがその対象だった。
聞くところによると、ニューヨークは世界トップの近代都市で、今東京は香港と肩を並べるほど近代都市らしい。
短く言うと、近くになんでもそろっていて、生活環境が楽しいということだと思う。
確かに楽しいかもしれないが、
楽しむためには第一に相応の体力がある事、そして好みの施設と利用する時間と必要な費用が伴う。
住めば都というように、大都市で便利な生活を楽しむのも良いし、一方田舎で太陽に任せて自然と共に日々を過ごすのも悪くはないと思う。
子供のように若くてエネルギッシュな時代は大都市で過ごし、体力が衰えてくれば状況に合わせて住む環境を適度に変えるのもいいかもしれない。

孫の誕生日には何か送ってやることになった。
いろいろ悩んだ後、【ピタゴラスイッチ】というおもちゃが好きという事が分かった。
聞いたことがなかったが、いろいろな材料を集めて自分で作るおもちゃらしい。
なるほど、確かに昔のおもちゃはみんな手作りだった。
適当に材料をいくつか集めて、設計図を添付して送った。
どうなることやら、そのあとが楽しみだ。

ところで、
島民の方々には申し訳ないが、
情報は地球の距離感を無くしてきている世の中、
老後を孤島で適度に過ごすのもひょっとしたら面白いかもしれない・・・。
その前にーーー、

「子育てがんばれーーー」
スポンサーサイト

「秋に呼ばれて」

「秋に呼ばれて」 181120(火)秋晴れ

秋たけなわ。
昨日も空と山が我が家の窓をたたいていました。
「何しているの?早くおいでよ。何もかもほってさ」
と言っていたとか?
呼ばれるままに、紅葉狩りに出かけました。
第二名神バイパス(フリー)が山のふもとまで開通しました。
1IMG_7305.jpg

スカイラインを登るにつれて、目の前に山が迫ってきます。
2IMG_7321

新しい橋が完成して、湯の山スカイラインからロープウェイまで直通で行けるようになりました。
3IMG_7335

『ゆのやまカモシカおおはし』
と呼ぶのだそうです。
4IMG_7330

ロープウェイに吊られた赤いゴンドラが小さく見ます。
今日の空は底抜けに青い。
5IMG_7316

伊勢湾の向こうの島が海に浮かんで見えています。
さぞかし頂上からの眺めはいいことでしょう。
6IMG_7327

分かりにくいですが、第二名神のバイパスの向こうにモザが見えています。
橋の渡り初めを終えるころ、すでに昼は過ぎていました。
ランチをしなければなりません。
一旦下山して、山すそを北に向かって県道を走ること約10分。、
7IMG_7349

今にも麓に降りてきそうな紅葉の波に乗りながら、県民の森に向かいました。
8IMG_7352

このランチボックスは娘のクラスメイトだったお母さんが来日された時にお土産にいただいたもの。
ほぼ20年ぶりでしょうか、やっと役に立ちました。
「ありがとう」
すみません、お礼を言うのが遅れてーーー。
9IMG_7355

人もいなく風もなく紅葉がきれいな所でした。
変なタイミングで思い出しました。
最近のニュースによると、
京都の渡月橋の橋渡りが2時間待ちだとか・・・。
(それにしても静かなこと・・・)
1010IMG_7356

この場面に思わず妄想しました。
着物姿であこがれの『常盤貴子』さんが立っていたら・・・。
この後に続く言葉がうまく出てきません。

「秋に呼ばれて」
11IMG_7366

でした。

明日も良い一日でありますように。

朝日昇る

朝日昇る 181101 (木) 快晴
秋空というわけではありませんが、風もなくとてもいい天気で、すがしい朝を迎えました。
IMG_7225.jpg

写真の白いのはカモシカ大橋で、頂上のほうにロープウェイが見えています。
IMG_7225-1.jpg

もうすぐ紅葉が麓に降りてくると思います。
こういう気持ちの良い朝が毎日来るといいのですが今日は、
ここから随筆に変わります。

随筆
【情緒不安定症候群症】
体調が良くて、睡眠がそこそこ取れて、適度にお腹がすいて、筋肉痛が少なくて、お小遣いもギリギリあって、
妻との仲が平穏で、たまに送ってくるラインで孫の元気な嬌声に感嘆し、妻の朝の料理のコトコトという音を聞きながら、
窓から見える釈迦が岳の眺めの不思議な出会いに、若き日の妻との出会いを重ね、
「今ここに居る自分は何者か?」
などと自問する。
厄介と言えば厄介な心境で、かかり付けの医者と相談でもするならば、きっと心療内科でも勧められるのではないだろうか。
それくらいの診断は自分でできなくもなく、すでに夜9時を過ぎるころには1錠の睡眠剤を飲んで、
出来れば午後11時には就寝したいと床に就くも、2時間毎にトイレに起きて用をすまし、済ましてはまた寝る。
そんなことを三回ほど繰り返すと朝がやってきて、今朝のような日が始まる。
それで特に困ってはいるというのでもなく、とりあえずそんな繰り返しを成り行きに任せている。
暇に任せてつまらないことに心配するほどつまらないものは無い。
やることが少なくなり、気にすることは恋愛などのような楽しい事とは程遠く、体の隅々までを体調をスキャンする。
自前のMRIは脳から始まり、首眼鼻歯喉肩内臓腰膝足まで丹念に使用できる時間を全開し不具合を確認し、行きつけの医者と相談する。
「先生、この頃よく食べるのですが、これ病気でしょうか?」
「最近足の裏がモゾモゾするのですが、だいじょうぶでしょうか?」
それらのほとんどは気のせいで、あえて病名をつけるとすると情緒不安定症候群症などと言われる。
そういいつつも、実は今日はいつもより肩が痛いが、その原因が思い当たらない。
もっとエネルギッシュな話題は無いのかと反省しなければと思うこの頃だった。





老いの知恵

老いの知恵  181015(月)晴れ7

虚言飾らず 真実で接する
軽薄なく 熟考し
過評なく 適性をはかる
軽視せず 重視に努め
慢心を避け 地道であること
即答するのではなく 熟考し
即断は後悔多く 相談に過ち少なし
邪推は心の乱れ 正論に極め
悪口よりも 誉め言葉に力あり
結論の前に 落ち着いて話し合う

幸多き老いの知恵

新鮮な感覚

新鮮な感覚 181009(火)晴れ 

仕事以外での久しぶりの外出でした。
外出先は四日市。なんだと思うかもしれませんが、市内の繁華街の中心地です。
午前中に立ち寄ったのは1~2年ぶりかどうか記憶が定かではありません。
新鮮な感覚が蘇りました。
特に変わって見えたのは、秋の様相というのか、すれ違う女性やご婦人がたの気品が上質だったこと?
最近女性の化粧品や道具がふえて、特に同年齢の女性は姉妹と間違えるようなことがよくあります。
ただしこれは個人の視覚感覚の低下によるもので、参考にはなりません。
商店街に集まる年齢層は広域で、買い物ですれ違う人々は多種多様。
幼児同伴の主婦、学生、OBやOLなどのサラリーマン、高齢者夫婦等等
その年齢と容姿から発生されるエネルギーは様々で、活気に満ちあふれています。
自宅の周囲の環境と町の繁華街の環境が大きく変化する。
この変化が刺激になるのでしょう。
身体の細胞の再生化には必要な行動だと思います。

細君は三姉妹で朝から出かけ、僕はスタバで物書きをすることにしました。
長居しては申し訳ないので、飲み物と軽食スナックとケーキと追加のドリンクを注文しがら、午後を過ごしました。
テーマは仮称『遍路の独り言』のようなものを考えていますが、その内容は確実に重い。
自宅ではもちろん、モザ、公衆待合室等など場所を転々と流浪しながら書き続けています。
遍路という言葉からは宗教をイメージしますが、そうでもありません。
かといって遍路旅の思い出でもなく、
幼少より在家仏教に携わりながら生活してきた過去の経験をもとに、
物理学や心理学の情報を検索集積し、それに経験値を加えて分析し論評していく要素を含む点では、むしろ随筆に近いと思います。
社会事情が複雑化してくる中、表現方法など細心の注意と配慮を払わなけれなならないと思います。
随筆、仮称『遍路の独り言』は完成の姿を見ることが出来るか、筆者自身も判明しておりません。
しかし、自分自身その完成は密かな楽しみになっています。

それではなまさま、
明日も良い日でありますようにーーー。
プロフィール

モザマスター

Author:モザマスター
キャフェ ド モザのマスターです!
担当はドリンクとフロアのサービスです。
花の愛好家です。
季節の花の写真をアップしています。
キャフェ ド モザのホームページ:www.cafedemoza.com

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
プロフィール

モザマスター

Author:モザマスター
キャフェ ド モザのマスターです!
担当はドリンクとフロアのサービスです。
花の愛好家です。
季節の花の写真をアップしています。
キャフェ ド モザのホームページ:www.cafedemoza.com

検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR