FC2ブログ

映画鑑賞『ボヘミヤン・ラプソティ』 190118(金)晴れ

映画鑑賞『ボヘミヤン・ラプソティ』 

友人のO様に勧められて、映画をみにいきました。
『ボヘミアン・ラブソディ』はロックバンド・クィーンが1975年に発表した作品で、
そのボーカル、フレディ・マーキュリーが作詞作曲したとのこと。
映画の字幕によると、ボヘミアンとは『抒情詩』となっていました。
良かったのは、ストーリの他に、フレディー・マーキュリー役のラミ・マレックの歌と演技のすごさです。
風邪をひかないようにマスクをして、中央の列の真ん中あたりの席で、しかも大音量の音響。
身体が揺れました。
フレディの心情と名曲と名歌詞と圧倒的な歌唱力に、マスク内側は涙でビショビショ。
せめて、もう一回は見たいぐらいです。
勧めてくれた友人O様に感謝です。
ありがとうございました。
スポンサーサイト

映画『マンボウ』

映画『マンボウ』 181116(金)晴れ
アマゾンのビデオ『マンボウ』を観ました。
デンマークの漁村の物語です。
その評判がいいとかなどの理由は特になくて、
二つの興味に惹かれたからです。
その一つはデンマークの映画という事と、
二つ目は表題のポスターで主演者が着ていたセーターです。
そのセーターは、かなり昔、デンマークの北に位置するノルウェーに行った時自分で購入したものと同じデザインだったのです。
今も大事に持っていますが、今年の冬は普段着で使ってみたくなりました。
デンマークのコペンハーゲンの女優さんがポスターで着ていたものですからーーー。
物語の印象ですか?
社会派映画というのか、地元の漁師とその漁場で海洋研究をしている博士との恋愛物語です。
たいへん素朴で地味ですが、撮影はハンドカメラが多く使われ、それがとても緊迫したリアル感を出していました。
それと役者のキャスティングが素晴らしく、厳しい経済と貧しい生活環境の中での役者の演技力に引き込まれました。
不思議なタイトルの『マンボウ』は、漁師の主人公が捕獲したマンボウで、水族館で飼育されている。
その表情の豊かさに癒されること・・・。
映画を観てから、もうマンボウが食べられなくなりました。

明日も平和でありますようにーーー。

今日は野菜作の畝(ウネ)を作りました。
明日から何を作ろうかな?
と調べたら、どの野菜も季節外れだとのことでした。
どうしましょうねーーー?
プロフィール

モザマスター

Author:モザマスター
キャフェ ド モザのマスターです!
担当はドリンクとフロアのサービスです。
花の愛好家です。
季節の花の写真をアップしています。
キャフェ ド モザのホームページ:www.cafedemoza.com

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
プロフィール

モザマスター

Author:モザマスター
キャフェ ド モザのマスターです!
担当はドリンクとフロアのサービスです。
花の愛好家です。
季節の花の写真をアップしています。
キャフェ ド モザのホームページ:www.cafedemoza.com

検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR