FC2ブログ

白いアマリリス

白いアマリリス 200530(土)晴れ

ついつい、すこしづつ外に出たくなります。
分かりますがもうしばらく、しばらくの辛抱です。
それにしても五月晴れは気持ちがいい。
1DSC_0008.jpg

今モザ庭は、コミノネズミモチが満開です。
まるで桜みたい。
しかも庭中にいい香りが広がっています。
2DSC_0021 (2)

ロマンチックな白いアマリリス。
可愛すぎます。

やがて、夜を迎え、
3DSC_0012

夜露に誘われ外へ出てみました。
4DSC_0013

少し近寄りながら、
5DSC_0014

コウクンパティオから、
6DSC_0019

一歩庭に踏み入れ、
7DSC_0010

更に奥へと入り、
8DSC_0011

昼間見た白いアマリリス。
また見てしまいました。

明日も良い日でありますようにーー。
スポンサーサイト



花壇作り

花壇作り

1IMG_9664.jpg

実りを待つ
2IMG_9665.jpg

麦秋の頃、
3IMG_9656.jpg

庭に咲くドクダミそう。
気の毒に呼び名は悪い。
しかし煎じたドクダミ茶は意外に美味しい。
自然な香りと優しさがある。
4IMG_9663.jpg

五月晴れにそびえる倒壊オリーブの小枝。
台風で地面に横たわっていた木は、今幹の廻りに芽を出した。
まるでインベイダーだ。
5IMG_9673.jpg

長い間卯の花と思っていた花はネズミとか。
これも名前が振るっている。
この木の実がネズミの糞に似ているとか。
それにしてもももっと他に付ける名前はなかったのだろうか?
6IMG_9667.jpg

スイートピーはもうモザ庭では新人ではなくなった。
気付いたら垣根を越えて咲いていた。
さぞかし外の通行人の人々を楽しませているに違いない。
7IMG_9662.jpg

初めてみた白いアマリリス。
花びらの蕾の頃、他の木が覆いかぶさっていた。
蕾の育成中、それに気づいてかぶっていた障害物を取り除いた。
推測だがこの蕾、強いストレスを抱えていたようだ。
可哀そうに赤色が滅失したのだと思う。
美しく珍しい花、ストレスアマリリスと呼んでいる。

今日は駐車場の花壇作り。
毎年水仙は葉のみ大きくなって、花が少ない。
何か原因があるに違いないということで、一度掘り起こしてみることにした。
場所は駐車場の柵の下。
幅三十センチで長さは15メートルほどある。
出てきたのは里芋の子芋ほどの球根だ。
8IMG_9674.jpg

モリモリとしていかにも美味しそうだが、毒があるので食用にはならない。
農業用袋に二袋もあった。
水仙の花不足は、結局は密集した球根だった。
この後は、大きな球根のみを選んで埋めなおそう。
9IMG_9670.jpg

花壇の幅はそこそこあるので、水仙の球根の間に季節の花を植える。
9IMG_9671.jpg

フェンスの花壇は最も日の当たる場所。
1010IMG_9672.jpg

冬は水仙、出来れば春夏秋は季節の花が咲くのが楽しみだ。

奇跡のエンドウ豆

奇跡のエンドウ豆 200527(水)晴れ

知らなかった。
DSC_0009.jpg

エンドウ豆の実の数が九個と決まっているのを。
なぜ九なのか?
八や十ではいけないのか?
そういえば、ミツバの葉は普通は三枚だった。
遺伝子なんだ。
それでは、なぜ遺伝子は三や九を選んだのか。
もしかして、三や九はラッキーナンバーかもしれない。
偶数でないところがいいと思う。
奇数はキリッとして見え、気持ちが引き締まる。
ひょっとしたら、遺伝子が選んだ奇跡の数字かも?
奇跡のエンドウ豆。
きっと明日は豆ごはんに違いない。♪(/・ω・)/ ♪

花認識AI

花認識AI 200525(月) 曇り 風無

今は優れたAIがあるのですね。
びっくりしています。
花の写真を撮り、その画面の下にある小さなボタンを押すとその名前が出てくる。
顔認識AIの花転用です。
もはや花図鑑がいらなくなる?
スマホは素早く便利ですが、しっかり調べて深く認識するという文化は蓄積されません。
学問は注意深い観察から始まります。
スマホと共に花図鑑などの図書文化も残していかなければなりません。
未来は新しい文化と過去の歴史に共存するのだと思います。
しかしながら、おかげさまでモザ庭の花の名前がすべてわかりました。
ここまで理解するのに十年程かかりましたが、
決して無駄な時間ばかりだったとは思いません。
すっかり遅くなりましたが、
名前を呼んでやることが出来るようになったことは、大きな喜びです。

1白バラ
1白バラ

2垣根バラ
2垣根バラ
3コサージュバラ
3コサージュバラ
ここまでは勝手に呼んでいる花の名前です。以下AI花認識を参考にしました。

4モッコウバラ
4モッコウバラ
5紅いのバラ
5紅いのバラ
6ミモザ黄色
6ミモザ黄色
7コミノネズミモチ
7コミノネズミモチ
8ミモザ白
8ミモザ白
9ヤマボウシ白
9ヤマボウシ白
10ヤマボウシピンク
10ヤマボウシピンク
11ライラック
11ライラック
12コデマリ
12コデマリ
13カサブランカ
13カサブランカ
14アマリリス
14アマリリス
15ダリヤ
15ダリヤ
16ナルキッソス
16ナルキッソス
17カンギク
17カンギク
18ムスカリ
18ムスカリ
19ローズマリー
19ローズマリー
20カリフラワー
20カリフラワー
21ペニュチュア
21ペニュチュア
22スナックエンドウ
22スナックエンドウ
23-1矢車草
23-1矢車草
23ヒャクニチソウ
23ヒャクニチソウ

よろしければ待ち受けにどうぞ--♪(/・ω・)/ ♪

おげんんきですか?

おげんんきですか?200522(金)晴れ

一日暑かったですね。
季節が良いのか、珍しい蝶が遊びに来ていました。
同時に虫もたくさん湧いてきています。
特にミノムシ。
この虫、皮をかぶっているので消毒が効かない。
手で捕ってつぶしています。
しかし数が多いのです。
袋被って木の枝にぶら下がっているくせに、突然現れて素早く逃げる。
まるでネズミ小僧。
よく見ていると、袋の口を少し開けて小枝を口に咥えて移動している。
それが結構素早いのです。
柔らかい木の葉を食べつくしています。
全然可愛くない虫ですが、見つけやすい点では間が抜けている。
根気よく手でつかんでは潰しています。
梅雨の前、庭木の手入れが続く毎日です。

ところで、マスクは届きましたか?
しばらく我慢です。
もう少しかんばりましょう。
プロフィール

モザマスター

Author:モザマスター
キャフェ ド モザのマスターです!
担当はドリンクとフロアのサービスです。
花の愛好家です。
季節の花の写真をアップしています。
キャフェ ド モザのホームページ:www.cafedemoza.com

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
プロフィール

モザマスター

Author:モザマスター
キャフェ ド モザのマスターです!
担当はドリンクとフロアのサービスです。
花の愛好家です。
季節の花の写真をアップしています。
キャフェ ド モザのホームページ:www.cafedemoza.com

検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR