FC2ブログ

ツバメのお宿

ツバメのお宿 200605(金)晴れ

夜になるとみんな家へ帰るのです。
人も子供も鳥もみんな帰ります。
1DSC_0003.jpg

ここは庭の防犯カメラの上。
雛を孵らせた親ツバメが夜過ごす場所。
いつもは夫婦で止まっています。
一晩泊まるとしても、もっといいところがありそうな気がするのですが・・?
2DSC_0006.jpg

この壁は玄関で、雛が巣立ったところ。
いつもは三羽の雛が戻って夜を過ごす巣です。
なぜか今晩は雛が一羽も戻っていない。
心配そうに母燕が一人待っています。
もう外は暗いしどうしたんだろう?
きっと、日一日とうまく飛べるようになって、楽しくて帰宅が遅くなっているのかもしれない。
子供ですね。
昔昔のこと、子供の帰宅が遅くなって、心配のあまりやっと帰宅した子供を叱責した記憶が蘇りました。
お願いです、ママツバメ、子供をしからないで。今度はきっと早く帰るからね。

PS
なぜ雄ツバメが外で夜を過ごし、雌ツバメが屋根の下の巣で雛ツバメを待つのかお分かりでしょうか?
身体付きが一回り大きいのが雄、雌はやや小さいこと。
なんといっても巣作りする時に、つがいで相談して場所を決めるのですが、雌がウンと言わなければ巣の場所は決まりません。
雄はいろいろな場所に少しだけ巣作り用の泥を付け、雌の顔色を伺うのです。
その間の雄のさえづりの大きいこと。
「ここどう?ここはダメ?」
雄はいつも必死なんです。
雛が大きくなって巣が手狭になると、夜父燕は壁に爪を掛けてぶら下がって寝るし、
又雨や風が強い時には自分の羽根を伸ばして雌燕や雛を被うのです。
献身的な父燕、もはや親友でしょうか。
何をしていても理解できるのですから。
スポンサーサイト



夕焼けは平和の恵み

夕焼けは平和の恵み 200603(水)晴れ

1DSC_0006.jpg

夕日が落ちるころ
2DSC_0028.jpg

誘われるように玄関へ出た
3DSC_0044.jpg

モザの壁が蜂蜜色に輝き
4DSC_0048.jpg

白薔薇は黄金色
5DSC_0060.jpg

ドクダミの白い花が深みを帯びた
6DSC_0076.jpg

ため息をつきながら近づくバスの光に人影無く
7DSC_0039.jpg

帰宅を急ぐ子供達からオーラが溢れる
8DSC_0086.jpg

夕焼けは平和の恵み

明日も良い日でありますように

白いアマリリス

白いアマリリス 200530(土)晴れ

ついつい、すこしづつ外に出たくなります。
分かりますがもうしばらく、しばらくの辛抱です。
それにしても五月晴れは気持ちがいい。
1DSC_0008.jpg

今モザ庭は、コミノネズミモチが満開です。
まるで桜みたい。
しかも庭中にいい香りが広がっています。
2DSC_0021 (2)

ロマンチックな白いアマリリス。
可愛すぎます。

やがて、夜を迎え、
3DSC_0012

夜露に誘われ外へ出てみました。
4DSC_0013

少し近寄りながら、
5DSC_0014

コウクンパティオから、
6DSC_0019

一歩庭に踏み入れ、
7DSC_0010

更に奥へと入り、
8DSC_0011

昼間見た白いアマリリス。
また見てしまいました。

明日も良い日でありますようにーー。

花壇作り

花壇作り

1IMG_9664.jpg

実りを待つ
2IMG_9665.jpg

麦秋の頃、
3IMG_9656.jpg

庭に咲くドクダミそう。
気の毒に呼び名は悪い。
しかし煎じたドクダミ茶は意外に美味しい。
自然な香りと優しさがある。
4IMG_9663.jpg

五月晴れにそびえる倒壊オリーブの小枝。
台風で地面に横たわっていた木は、今幹の廻りに芽を出した。
まるでインベイダーだ。
5IMG_9673.jpg

長い間卯の花と思っていた花はネズミとか。
これも名前が振るっている。
この木の実がネズミの糞に似ているとか。
それにしてもももっと他に付ける名前はなかったのだろうか?
6IMG_9667.jpg

スイートピーはもうモザ庭では新人ではなくなった。
気付いたら垣根を越えて咲いていた。
さぞかし外の通行人の人々を楽しませているに違いない。
7IMG_9662.jpg

初めてみた白いアマリリス。
花びらの蕾の頃、他の木が覆いかぶさっていた。
蕾の育成中、それに気づいてかぶっていた障害物を取り除いた。
推測だがこの蕾、強いストレスを抱えていたようだ。
可哀そうに赤色が滅失したのだと思う。
美しく珍しい花、ストレスアマリリスと呼んでいる。

今日は駐車場の花壇作り。
毎年水仙は葉のみ大きくなって、花が少ない。
何か原因があるに違いないということで、一度掘り起こしてみることにした。
場所は駐車場の柵の下。
幅三十センチで長さは15メートルほどある。
出てきたのは里芋の子芋ほどの球根だ。
8IMG_9674.jpg

モリモリとしていかにも美味しそうだが、毒があるので食用にはならない。
農業用袋に二袋もあった。
水仙の花不足は、結局は密集した球根だった。
この後は、大きな球根のみを選んで埋めなおそう。
9IMG_9670.jpg

花壇の幅はそこそこあるので、水仙の球根の間に季節の花を植える。
9IMG_9671.jpg

フェンスの花壇は最も日の当たる場所。
1010IMG_9672.jpg

冬は水仙、出来れば春夏秋は季節の花が咲くのが楽しみだ。

奇跡のエンドウ豆

奇跡のエンドウ豆 200527(水)晴れ

知らなかった。
DSC_0009.jpg

エンドウ豆の実の数が九個と決まっているのを。
なぜ九なのか?
八や十ではいけないのか?
そういえば、ミツバの葉は普通は三枚だった。
遺伝子なんだ。
それでは、なぜ遺伝子は三や九を選んだのか。
もしかして、三や九はラッキーナンバーかもしれない。
偶数でないところがいいと思う。
奇数はキリッとして見え、気持ちが引き締まる。
ひょっとしたら、遺伝子が選んだ奇跡の数字かも?
奇跡のエンドウ豆。
きっと明日は豆ごはんに違いない。♪(/・ω・)/ ♪
プロフィール

モザマスター

Author:モザマスター
キャフェ ド モザのマスターです!
担当はドリンクとフロアのサービスです。
花の愛好家です。
季節の花の写真をアップしています。
キャフェ ド モザのホームページ:www.cafedemoza.com

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
プロフィール

モザマスター

Author:モザマスター
キャフェ ド モザのマスターです!
担当はドリンクとフロアのサービスです。
花の愛好家です。
季節の花の写真をアップしています。
キャフェ ド モザのホームページ:www.cafedemoza.com

検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR