コルフォーズの先駆者

「コルフォーズの先駆者」 171022(日)一日中雨
今日は投票日です。
残念ながら天候が悪い。
明日は大型の台風が日本全土を襲うらしい。
空は朝からどんよりと雨雲が覆っていて、しきりに雨が降り続いています。
こんな日のなので臨時休業しようと思いましたが、
気持ちを切り替えて、オープンしました。
臨時休業をやめたきっかけは、細君の次の一言、
「だれかが避難してくるかもよ」

雨の降る外の様子を眺めていたら、
IMG_5948.jpg

バルコニーの床がいつもより泥と枯草で散らかっている。
普通床は誰が見ても気持ちがいいように、毎日掃いてきれいにしておくところです。
その真上の天井には、空き家になった燕の巣があります。
モザにはこの家を住処にしている雀が住んでいて、一年中朝から賑やかですが、
雀は空き家になった燕の巣を、何とか借りてこの冬を越したい。
言わなくても雀たちとの付き合いは長いので、その気持ちはよくわかる。
ですが、燕は貸すのは嫌いで、むしろはっきりと嫌と言っている。
仮に雀が巣を使うと、そのあと燕はその巣を再利用しない。
改めてどこかに巣を作る。
理由は簡単明白で、雀の使った巣は汚い。
どちらが悪いか言う問題ではなく、両者の都合があるということを互いに認識することが大事です。
つまり、民族や団体や集団の紛争を避けるためには、生活習慣などお互いの都合を理解する。
それでも余計なお世話と思いましたが、
とりあえず空き家になった巣の中に、ボルト2本を入れ農業用の網を絡め、
雀の巣作りができないようにしました。
なんと雀はえらい!
とても努力家なんです。
重いボルトに絡んだ網を、巣から持ち上げて下に落とそうとしている。
IMG_5952.jpg

一羽では当然無理なので二羽、または三羽で力を合わせたに違いありません。
雀は共同作業をする?
雀はコルフォーズの先駆者だった?
この観点で「ネイチャー」に寄稿できるかもしれませんね。
それから彼らは思い網を引きずり降ろそうと日夜努力しています。
大きな台風がやってくる不気味な空から降ってくる雨を見ながら、
しばらく燕の巣を眺めていました。

みなさん、この紛争、
いったいどうしたらいいと思われます?

今日はこれから早い目に投票に行ってきます。
それではみなさん、大型台風にくれぐれも
お気をつけてください。
スポンサーサイト

「助かる―――」

「助かる―――」 171021(金)雨 
個人の財産が顕著になってきている半面、プライバシーの侵害はどこまで許されるのか?
分からなくなってきています。
第一にグーグルマップ。
住所を入力すると自宅の東西南北のうちのいくつかの静止画が現れる。
特に頼んだわけでもなく、どの家も基本的に見ることができる。
便利というか分かりやすいというのか、もはや個人の財産の保守権利は確保が難しくなってきた。
今や個人の財産の公開は常識的なルールととらえ、
個人的に非公開にしたいときには一個人がおのおの表示者に申し出る?
いつからそうなったのでしょう。
情報公開の一環かもしれません。
特に不利益なことでもないので、ここのところは静観して行きます。

インスタグラムは撮影した写真や映像を一般公開するものです。
国境を越えて共有でき、見るだけでもいいし、誰かが気に入ると「いいね!」ボタンを押す。
画像を圧縮したり画面を保存したりすることなく、簡単にその場でアップでき、
世界に向かって情報を共有したり発信したりすることも可能です。
簡単で便利なので特に若年層に広がりました。
老人層にとってはどうなんでしょうか?
そもそも写真撮って誰かに見てもらいたいと思わなければ、インスタグラムは必要ないかもしれません。

ラインはとても便利です。
動画を撮影して、希望する相手にすぐに送ることができる。
とても助かります。
孫の映像は遠慮なく見れるし、むしろ見放題。
孫となれば見て喜ばないはずがない。
ありのままをさっと送れ、さっと見る。
文明の一番の利器ではないでしょうか。

ウィンドウ10がほぼ強制的に更新されました。
これも希望しなかったのですが、更新しないのはよくないようで、現在10仕様になっています。
パソコンの何かが良くなったんだと思います。
一方強制更新が気に入らないのは、タッチパットが機能してしまったこと。
キーボードの入力時にタッチパッドに指が触れて入力が定まらない。
更新後パソコンの使用時にストレスがたまりました。

いずれにしても、
そんな難問を解消してくれたのは息子夫婦です。
到底一人では開拓も解決もできない機器を使えるようにしてくれました。
「助かる―――」

それでは、みなさん、
「おげんきで―――」

「がんばれ、地球!」

「がんばれ、地球!」171018(水)晴れのち雨 風無

「フレア」ってご存知ですか?
「フレア」とは、対空ミサイルを回避する火炎弾のことで、
ニュースによると、米軍戦闘機FA18が国内で「フレア」を訓練で使用したという報道がありました。
詳しいことが何も分からないので否定も肯定もできませんが、世界情勢が随分と物騒になってきたようです。
ただ近隣国による危機に即応した実践的な訓練もなく、
机上のマニュアルだけを進める自己防衛対策などのほうが余程心配です。

今日はつかの間の晴れ間が広がりました。
秋雨前線がどっかりと列島の上に横たわっています。
早くどこかに行って欲しいと思うのですが、居心地が良いと見えてなかなか動かない。
晴れ間も午前中だけで、午後からは曇り、また雨になるとか・・・。
しかもこの頃の天気予報はよく当たる。
大体秋雨前線がなぜ動かないのでしょう。
太平洋の沿岸の海水の温度が上がってきているから?
そういえば、今年の梅雨は分からないくらい少なかった。
一年間で降る地球の雨は決まっていて、梅雨が少なかったたら、秋雨が長いといったところではないでしょうか?
しかも沿岸沿いの海流が蛇行し始めたらしく、その海流に乗ってきた魚は迷走すると同時に、漁師さんの漁場探しも大変になる。
昼夜の温度差も大きくなって来るなど、環境の変化に体がついていきません
美しく、可愛いみんなの地球はどうなっていくのでしょう?
「がんばれ、地球!」

久しぶりに執筆活動しました。
大袈裟ですがこれはまさに活動です。
「戸森元」さんは、前編の後一年間浪人をしていましたが、現在専門学校に通っています。
親に迷惑をかけた一年間を取り戻すかのように、心機一転しバイトに明け暮れています。
これは続編か後編なのか全く予定がついていません。
とにかく今のところは書きまくる。
そのうちに物語の出口が見えてくると思います。
いずれにしても楽しみです。

それでは皆さん、
「おげんきで―――」

読書の秋

読書の秋 171016(月)小雨
ノーベル文学賞を受賞されたカズオ・イシグロ氏の作品を読みたいと思い、
久しぶりに本屋さんに行ってみた。
特設コーナーはあったものの、てっきり入り口正面の棚と思っていたが、
意外にも店内の脇のほうで、目立つ場所ではなかった。
ノーベル文学賞はとても名誉なこと。
イギリスに帰化されたらしいが、二世ではない帰化日本人の受賞は誇りに思う。
まず作品を読むことにしよう。
ブッカー賞受賞作;伝統的な英国を描いた【日の名残り】
探偵クリストファー・バンクスの物語【わたしたちが孤児だったころ】
老夫婦の騎士と若い二人の戦士の物語【忘れられた巨人】
など、取り合えず文庫本3冊と、
芥川賞受賞沼田真佑氏の【影裏】(えいり)の掲載された文芸春愁を購入した。
速読もできないし、時間的な余裕もないのですぐには読めないが、
楽しみが増えたことは確かだと思う。

「梅酒」

「梅酒」 171012 (水) 晴れ

秋というのに、暑い昼と寒い夕方後交互にやってくる。
困ります。大体温度調整がついていかない。

今更という感じですが、
久しぶりに梅酒を飲もうと、二種類の瓶を持ってきた。
今年は梅酒は春につけ、記憶に新しい。
梅酒を漬けるといっても、好きというわけでもない。
好きでもないのに、春先の店頭に並ぶ青い梅を見るとつけたくなってくる。
従って春漬けのものはいまだに味を試していない。
そろそろ潮時かと思い、今日は味見をすることにした。
蓋に漬けた年号が書いてあった。
【平成29年6月】
「なかなかいい色しているぞ」
そういえばもっと古い梅酒があったはずだ。
食品庫から探して持ってきた。
なんと、蓋に書いてある漬けた年号が信じられないほど古い。
「これ5年だよ」
「ということは12年前?」
「違う、平成!」
「ということは24年前の梅酒なんだ」
炭酸で割ってみた。
いい香りがするぞ。
24年前の梅も食べてみた。
ふっくら、しっとりした食感だった。
酵素に近い味がする。
梅肉は取り除きリキュールを加えてジャムを作った。
これは自家製の天然酵素かもしれない。
古酒は瓶ごと冷蔵庫に保存した。
1IMG_5945

これが半年物の新梅酒。
色が澄んでいる。
2IMG_5947

これが24年前の梅酒。
色が琥珀色だ。
3IMG_5944

二つを比べてみるとこのくらい違いがある。
これからは、ビールよりも梅古酒を炭酸で割って飲むことにしよう。
酵素ジャムはパンに塗って食べるか、ケーキにつけてみるものいい。
何か体にいいことあるかもしれない。
すべて自分で作ったものだから、一番安心できる。
何の不安もない。
プロフィール

モザマスター

Author:モザマスター
キャフェ ド モザのマスターです!
担当はドリンクとフロアのサービスです。
花の愛好家です。
季節の花の写真をアップしています。
キャフェ ド モザのホームページ:www.cafedemoza.com

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
プロフィール

モザマスター

Author:モザマスター
キャフェ ド モザのマスターです!
担当はドリンクとフロアのサービスです。
花の愛好家です。
季節の花の写真をアップしています。
キャフェ ド モザのホームページ:www.cafedemoza.com

検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR